駐車場4台完備

〒232-0064
横浜市南区別所5-9-17

TEL:045-721-3889

上大岡駅の鈴木歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

駐車場完備|上大岡駅よりバスで11分|鈴木歯科医院

顎関節症

CONTENTS MENU
MOBILE SITE
HOME»  顎関節症

顎関節症について

顎関節症はあごの周りに何らかの異常が生じる病気です。
顎関節症は20歳代の若い女性に多い病気です。
たとえ自覚症状がなくても顎関節症になってしまっている人が非常に多いのが特徴です。

こんな症状があったら顎関節症を疑う

なにも自覚症状がないという人でも、実は顎関節症が潜んでいることが少なくありません。
あなたのあごの状態を次の項目でチェックして下さい。そして、該当する項目があったら顎関節症を疑ってみましょう。

  • 口を大きく開けられない(開口障害)
  • あごが痛い(関節痛)
  • あごが疲れやすい(筋肉痛)
  • あごを動かすと音がする(関節雑音)

こんな人が発症しやすい

顎関節症の発症には生活習慣が大きく関わっていると考えられます。
あなたの生活習慣についてもチェックしましょう。該当する項目が多いほど、顎関節症を発症しやすいといえます。

  • 「歯ぎしりしている」と言われたことがある
  • 日中、気がつくと歯をくいしばっていることがある
  • 食事のときは、いつも左右どちらか決まったほうで噛んでいる
  • ストレスを感じることが多い
  • 物事に対して神経質な面がある
  • 夜、ぐっすり眠れない
  • 寝る時はうつ伏せが多い
  • 頬杖(ほおづえ)をつく癖がある

顎関節症の治療は生活習慣のチェックから始まります。
つまり、原因となる日常生活の習慣的行動をしっかり認識して、それを取り除くような行動をすること(認知行動療法)からスタートします。

原因解消のための治療

●認知行動療法

歯ぎしりやくいしばりなど、顎関節症の原因となる習慣的行動を自覚して、それを取り除くように行動しましょう。
そのうえで、日常生活の中で「セルフケア」を行い、治療に参加しましょう。

【セルフケアの方法】
顎を安静にする
顎の力を抜くために唇を閉じ、上下の歯を離しておく。食事はなるべく軟らかい食べ物にします。
痛いことをしない
食事中や会話中などに、痛くなるほど動かさない。顎を休ませる工夫をします。
軽く開口
軽く開口し、5秒保持して筋ストレッチを行います。血行が良くなり、痛みや緊張も緩和します。
その他に、正しい姿勢を保つ、顎を運動させる筋エクササイズなどを行い、自力で治す努力をします。
これらは初期治療ですが、これだけでも大きな効果が期待できます。

●スプリント療法

スプリントやマウスピースと呼ばれる装置を寝るときに装着することにより、歯ぎしりによる弊害を防止できます。

症状改善のための治療

●薬物療法

関節に炎症が起こっている場合には、薬で炎症を鎮め、痛みをとります。
その他に、関節内に強い炎症があったり、癒着などが起きている場合には外科治療も行います。
症状によって各種の治療を組み合わせて行います。
歯科医師の指示のもとで正しい治療を行って下さい。

顎関節症Q&A

顎関節症は咬みあわせが原因だと聞きましたが?
以前は、上下の歯の当たり具合(咬みあわせ)の異常が大きな原因だと考えられていました。
顎関節症の研究が進んだ今日では、一つの原因で発症するのではなく、いろいろな因子が積み重なってあごの耐久限界を超えたときに発症すると考えられています。
咬みあわせの異常は、その因子の一つにすぎないので、他の因子も探り出し総合的に治療することが大事です。
あごを動かすと鳴る関節の雑音はどうしたら治るのですか?
口の開け閉めでカクッと音がするのがクリック音です。これはズレている関節円板が口の開け閉めの際に動くことにより起きる音です。
痛みがなければとくに治療の必要はありません。無理して関節円板の位置を元に戻さなくても症状が悪化することはありません。
また、関節円板の後部組織が適応して、関節円板の働きを補ってくれます。クリック音も、やがて消えていきます。
顎関節症はどんどん進行しますか?
そんなことはありません。特に治療をしなくても、やがて症状が改善に向かい、自然に治ることも多い病気です。
しかし痛みがあったり、口が開けにくいなどの症状があって、日常生活に支障をきたしているなら、それらの症状を取り除くために治療が必要です。
もし、顎関節に異常や不快を感じたら、歯科医師にご相談下さい。
顎関節症になったら、固いものを食べてあごを鍛えることが大切と聞きましたが、本当ですか?
まったく逆効果です。あごに痛みがあったり、口が大きくられないなどの症状のときには、炎症を起こしていることが多いので、あごを安静にして緊張させないことが大事です。
食事も軟らかいものを中心にして下さい。

【掲載資料 株式会社デジタルダイヤモンド社 様】