駐車場4台完備

〒232-0064
横浜市南区別所5-9-17

TEL:045-721-3889

上大岡駅の鈴木歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

駐車場完備|上大岡駅よりバスで11分|鈴木歯科医院

マウスガード

CONTENTS MENU
MOBILE SITE
HOME»  マウスガード

なぜ、マウス、ガードが必要なの?

スポーツによる口やアゴなどへのケガには、口の周りを切ったり、歯が欠けたり、抜けてしまったりすることがあります。もっとひどくなるとアゴの骨が折れてしまったり、アゴの関節が痛くなり、口が開かなくなったりします。さらに、めまいやふらつき、時には意識消失を起こし、いわゆる脳震盪にまで及ぶこともあります。このようなスポーツによるケガは、特に選手同士または用具など、ダメージを与える原因となりうるものとの接触を伴う可能性のあるコンタクトスポーツ、例えばラグビー、サッカー、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球、ラクロス、相撲、空手、ボクシングのようなスポーツに多く見られます。

【コンタクトスポーツに多いアゴの骨折】

口やアゴなどの領域を、スポーツによるケガから保護する装置として、マウスガードがあります。ボクシングでよくいわれるマウスピースのことです。
このマウスガードは、歴史的には1913年ごろイギリスのボクシング選手が、歯科医師の協力を得て考え出され使われたのが始まりといわれています。その後、アメリカにおいてフットボールを中心にその効果が認められ、多くのコンタクトスポーツで使用されています。
児童から成人まで、スポーツを楽しむには、まず安全であることが重要であり、口やアゴなどへのケガから守るマウスガードの使用は大変意義あることになります。

マウスガードの種類と効果

【マウスガードは、スポーツパフォーマンスにも効果的】

マウスガードは口やアゴなどへのケガから保護するだけでなく、実は、全身運動時にマウスガードを装着し、咬みしめることで、首周りの筋肉の活動を上げることができます。首を少しでも強く固定することで、脳へのダメージを軽減したり、頚椎の損傷を軽減させられる効果が期待できます。
また、スポーツ選手にとってバランスの感覚は、スポーツパフォーマンスに非常に重要な意味を持ちます。咬みあわせが悪く、アゴの位置も不安定な状態の場合、咬む筋肉に過度な緊張が起き、身体のバランスを崩すことが考えられます。
またマウスガードの装着による強い咬みしめは、脳の中で運動を司る神経細胞の働きを興奮させ、その興奮がさらに他へ拡延し、体を運動させる細胞の活動を高めるといわれています。

【マウスガードは、脳震盪の発生を抑制】

コンタクトスポーツでは、年間20人に1人は脳震盪を経験し、一度経験すると約4倍の確率で再度経験するともいわれます。脳へのダメージや脳震盪を繰り返すと、加齢とともに将来その影響がどのような症状として出るのか、今大きな問題となりつつあります。
アメリカでは大学や高校のフットボール選手にマウスガードを使わせたところ、脳震盪の発生が激減したという報告もあります。

マウスガードは、歯科医師の提供によるカスタムメイドタイフが優れています

【カスタムメイドができるまで】

  1. 正確な咬みあわせのために歯形を採ります
  2. 専門の装置で適合性や咬みあわせを調整
  3. 実際に装着して最終的な調整をします。

【市販品とカスタムメイドではここが違う!】

市販品のマウスガードは、選手自身が使用説明書を見ながら作るため、適切な形態が付与できず、口をあけるとすぐ落ちてしまったり、気持ちが悪く話ができないなどと様々な問題が起こります。また咬みあわせやアゴの位置がずれた不適切なものができてしまいます。
しかし、歯科医師によるカスタムメイドタイプは、選手個々人の口の中の状態に合ったものが作れるため、違和感の少ない適合性のよいものができます。
スポーツをする人に虫歯や歯周病または歯の欠損があったりすると、十分に栄養が取れないばかりか、能力が十分に発揮できず、また競技に集中できないことがあります。正しい口腔管理のためにも、定期的な歯科検診を受けましょう。

歯科医は、受診者がマウスガードを装着するために必要な情報を提供できますので、不明な点や疑問は遠慮なくお尋ね下さい。

マウスガード Q&A

費用はどれくらい??
歯科医院で作ってもらう場合、一般的には1万円前後と考えて下さい。正しい咬みあわせと正しいアゴの位置で作れるのは歯科医院だけです。
スポーツ店などで販売しているものなら、500円から5,000円ぐらいですが、予防効果などを考えると、歯科医院で作るものには、はるかに及びません。
色は選べるの?
マウスガードの色はたくさんあります。色がついていると、マウスガードの装着が義務付けられた競技では、装着が容易に判断でき、落とした場合にも見付けやすくなります。ただし口の中を切って出血した場合に気付きにくい色は避けます。また、チームカラーを統一すれば連帯感を高めることになります。
どれくらいもつの?
多くのスポーツ選手は、パワーを出すために歯を食いしばります。マウスガード装着時の食いしばりは、マウスガードをすり減らしてしまいます。マウスガードは少なくとも1年に1度はすり減りや破損をチェックしてもらい、いたんだものは作りかえることをおすすめします。また成長期の子どもは、必ず2~3ヶ月に一度はチェックを受けましょう。
清掃はどうするの?
使用後は、必ず水またはぬるま湯で洗って下さい。唾液やバイ菌そして汚れを落とすためです。さらに軟らかめの歯ブラシに歯磨剤をつけて洗えば完璧です。保管は必ず専用の容器で。マウスガードを使う前には、水ですすいでから口に入れましょう。熱いお湯に入れるとマウスガードの型がくずれてしまいます。
製作期間は?
口の中と咬みあわせをとってから、約l週間から10日間ぐらいでできます。その後、マウスガード装着時の咬みあわせのチェックを2~3度は必ず受けましょう。
歯の治療中だけど大丈夫?
マウスガードは、調整できますから治療中でももちろん装着できます。むしろ治療中だからといって装着しないと歯が折れたりしてもっと危険な状態になります。
矯正装置を入れた状態でも作れますし、歯の動きを邪魔しないように調整もできます。治療中の場合はなおさらマウスガードを装着することをおすすめします。

【掲載資料 株式会社デジタルダイヤモンド社 様】