駐車場4台完備

〒232-0064
横浜市南区別所5-9-17

TEL:045-721-3889

上大岡駅の鈴木歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

駐車場完備|上大岡駅よりバスで11分|鈴木歯科医院

定期健診

CONTENTS MENU
MOBILE SITE
HOME»  定期健診

定期健診について

日本人は平均9本の歯を失っています。

歯を失う主な病気は歯周病です。30歳以上の成人の多くは歯周病に罹っています。歯周病は、歯と歯肉の境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉や歯を支える骨が破壊される病気です。なかなか自覚症状が現れないので、気がついたときには歯を支える骨を溶かして歯をグラグラにして、最後には歯が抜けてしまいます。

成人が歯を失う60%が歯周病で40%が虫歯です。歯周病の原因は細菌です。
歯周病や虫歯は細菌による感染症です。細菌は粘着性の強いプラーク(歯垢)を格好のすみかとし歯周病や虫歯を引き起こします。
プラークは取り除かないと歯の表面や歯周ポケットなどに強固に付着し、自らのブラッシングでは取り除けない状態になります。
歯周病や虫歯で歯を失わないため、歯科医院での定期健診をおすすめします。

定期健診では何をするの?

定期健診では何をするの?

今の状態を確認し、不十分なところを補いあなたに合ったケアの仕方を指導します。

【定期健診の内容】

歯周精密検査
X線検査
歯周ポケットの測定
動揺度の検査
ブラッシングの再確認
咬みあわせのチェック
生活習慣指導
PMTC
抗菌剤の塗布、フッ素塗布

通常、以上の6項目を年に2~3回行います。

【定期健診の目的】

1.歯周病や虫歯にかかっていないかチェックします。
  • 治療後でも悪化しやすい病気なのでチェックが必要です。
  • もし悪化していたら初期のうちに治療します。
2.毎日の歯磨きができているかチェックします。
  • ひとりひとりに合った歯磨き方法を指導します。
3.歯石など自分で除去できない汚れをきれいにします。
  • PMTCと呼ばれるクリーニング方法で、歯の表面はもちろん、歯周ポケットの中など自分できれいにできない部分をきれいにします。
4.歯周病や虫歯のリスクがある部分に薬剤を塗って守ります。
  • フッ素塗布によりエナメル質が強化されます。

治療後からの定期健診

健康なうちから定期健診を習慣づけることが最良です。
以下の項目が一つでもあてはまる方は虫菌や歯周病になるリスクが高い人です。
必ず定期健診を受けましょう。

  • ブラッシングで出血する。
  • 歯にすき間が開いてきた。
  • 物がはさまるようになってきた。
  • 口臭が気になる。
  • 冷たい物がしみるようになった。
  • 歯が動くようになった。
  • 歯が伸びたように感じる。
  • 最近1本歯を失った。
  • 口の中の渇きが気になる。
  • 妊娠している。

など 定期健診は、患者さんの状態によって受診サイクルが異なります。
通常、

  • 1~2ヶ月に1回
  • 3~4ヶ月に1回
  • 6ヶ月に1回
  • 1年に1回

のサイクルに分類されます。

定期健診は、あくまでも口の中の健康を維持するためのものです。健康なうちに、または、治療終了後から始めましょう。もし定期健診中に病気が発見されても初期段階なので、治療は痛みも少なく最小の費用で簡単に行えます。

【掲載資料 株式会社デジタルダイヤモンド社 様】